| ホーム |  お問い合わせ |  サイトマップ | 

海星日記・スタッフによるダイアリー
<  2017年06月  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2008年01月27日
  12日目です。
投稿者 : Fujimoto (1071 ヒット) 公園全般 ]

寒風にさらされて、
こんな感じになりました。


干しイカのように見えますが、
さて、何でしょう?

☆ヒント
 12日前の海星日記


投稿者 : Kobayashi (1121 ヒット) 公園全般 ]

今週の月曜日に公園で収穫した大豆を使って「豆腐づくり」をしました。
そのときできた「おから」を使って、今度はクッキーに挑戦してみました。
作り方はすごく簡単です。
材料をビニール袋に入れて、手でもんで、袋に入れたままうすくのばします。
後は、袋をはずして、適当な大きさに切ってオーブンで焼くだけです。
写真は出来上がった「おからクッキー」です。


投稿者 : Shimizu (1310 ヒット) 地球デザインスクール ]



公園での食事でご好評いただいているアカモクは公園のすぐ下の波見の海でとれる海藻です。

小雨の中、海岸を歩くと、アカモクの他にもイワノリ、アオノリ、ハバなどがありました。
今日、一緒に海岸を歩いた地元のお母さんたちは、海藻をとって、処理して、加工して、食するということを普段からされているんですね!!

野菜は畑から、魚や海藻は海から・・・。
海があり、山があるこの地域はとても豊かだ!と改めて感じました。


投稿者 : Shimizu (1152 ヒット) 公園全般 ]



昨日からの雪で、
公園から見る
日置の田んぼは雪化粧。

雪の公園に
ぜひお越しください。


2008年01月15日
  春の気配
投稿者 : Fujimoto (1115 ヒット) 公園全般 ]

公園のそこここで、
どんぐりが発芽しています。

冬の中にも春の気配が漂っていますね。


2008年01月15日
  干し大根
投稿者 : Fujimoto (1163 ヒット) 公園全般 ]

キッチンガーデンで収穫された大根を干しました。

昔から伝わる保存の知恵を継承していきたいものです。


2008年01月15日
  白山が見えました
投稿者 : Shimizu (1296 ヒット) 公園全般 ]



公園の雪はほとんどとけました。

今日は空気が澄んでいて
遠くの山々まで見えました。

冠島の奧に遠く見えるのは
雪を抱いた白山(石川県)。

写真ではなかなか見えないのですが
肉眼で見ると感動的です。
いつも見えるとは限りませんが
公園からのおすすめ風景の一つです。


2008年01月14日
  雪化粧の十穀田
投稿者 : Shimizu (1049 ヒット) 公園全般 ]



1月14日の朝
十穀田の風景です。
昨日からの雪が
うっすらとつもっています。

雪の下では春の準備が・・・。

きっと。


2008年01月13日
  雪がふっています
投稿者 : Shimizu (1198 ヒット) 公園全般 ]



公園は朝から雪模様。
とても寒い1日でした。

今日は宮津市や与謝野町などでは
成人式が行われたようです。

この公園が成人式を迎える2026年
この丹後の地域には
まだ雪が降るのでしょうか。
私たちはこれからどんな生活を
していけばいいのかな・・・。





投稿者 : ゲスト (1115 ヒット) 公園全般 ]


地元の無農薬はっさくの皮をまるごと使って、愛情たっぷりはっさくピールを作ります。


いい匂いとともにだんだんきれいな色になってきました。はっさくの苦味をとるため、3回ほど水をかえてぐつぐつ煮ます。


お日様の恵みを受けて、気持ち良さそうです。今週末のパン焼き教室はこのはっさくピールをふんだんに使ったパンを焼きたいと思います。ただ今予約受付中です!


2008年01月06日
  ゼロエミ教室
投稿者 : Shimizu (1350 ヒット) 公園全般 ]



新年最初のゼロエミ教室が開催されました。

ゼロエミとはゼロエミッションの略。
ものを消費して捨てるのではなく、循環させるという
循環型社会について学びました。
生ごみの堆肥化もその一つです。

堆肥づくり=ゼロエミではなく
ふだんの生活の中で、いかに無駄をなくして
環境のことを考えるか・・・かなと感じました。

自分の生活をふりかえってみて
意識しだいで改善できるところはまだまだありそうです。

明日は我が家のある地域は、お正月明けはじめてのゴミ回収の日。
ごみステーションは、すごい量のごみになることが予想されます。
これらも、一人一人の意識しだいでもっともっと減らせるのでしょうね。
私もごみの減量をがんばってみよう!!


2008年01月06日
  雪にお絵かき
投稿者 : Fujimoto (1159 ヒット) 公園全般 ]



雪に包まれた子どもの森でのひとコマです。

子ども達が自然の草木で雪にお絵かきを楽しんでいました。


投稿者 : Fujimoto (1084 ヒット) 公園全般 ]



2008年初めての紙ヒモでつくる篭体験参加者です。

親子でひとつの篭を作られていましたが、
途中から小学生の子ども達は外で雪遊びに夢中になりました。

「子供と頑張って作りました!大きな底にすると、むずかしいです。ゆるめに編んでちょうどいい形になってよかったです。おみかんを入れようと思います。大切に使いたいです。」(S・Hさん&Aちゃん)

「前から一度してみたかった事で、やってみるととても簡単で楽しかったです。久しぶりにモクモクと集中して出来ました。今度は又、ちがった形に挑戦してみたいです」(S・Kさん)


2008年01月05日
  新春の公園からご挨拶
投稿者 : Kitanaka (1330 ヒット) 地球デザインスクール ]


明けましておめでとうございます。
園長の北仲です。
今年も、うみほし公園をどうぞよろしくお願いいたします。

めずらしくお正月に降った雪もほとんどきえましたが、公園にはまだ10僂ら20僂寮兩磴あります。
動物の足跡も見つけることができます。

今日の天気予報は晴れ。
雪遊びや散策も気持ち良さそうです。
雪の公園を楽しみにいらっしゃいませんか?


投稿者 : Kobayashi (1214 ヒット) 公園全般 ]

2008年がスタートしました。
我が家から見えるうみほし公園はただいま、雪で真っ白です。
今頃は、公園内をうさぎたちが跳びはねているかなあ!
2008年も「丹後海と星の見える丘公園」を可愛がってください
公園は1月5日から始まります


投稿者 : Shimizu (1295 ヒット) 公園全般 ]

うみほし通信「三里四方」の取材で、日ヶ谷・落山に行きました。
途中、翠裕(すいこく)の水の脇を通り、
桜の季節にぜひ通りたいと思う桜並木を抜け、
落山の集落に入りました。
山の村というイメージぴったりののどかな風景。

1月20日発行のうみほし通信まで、その記事内容は秘密!
ですが、今回までに「三里四方」コーナーの取材で4人の方のところにおじゃまして、
切り口は違えどみなさんの話に共通点があるように感じています。

昔から伝わる知恵を使った生活
自然と向き合った生活
段取りや先読みを大切にする仕事
などなど

この知恵、なんとか伝えて次につなげないと・・・


2007年12月23日
  うみほしDEクリスマス
投稿者 : Shimizu (1221 ヒット) 公園全般 ]

12月22日に実施したうみほしDEクリスマス。
「1日、とても楽しかったし、おいしかった!!」という
参加者の方からの声をいただきました。
外は寒かったですが、
ほわっと暖かい気持ちになる1日だったと思います。

当日の様子は、みんなのアルバムにアップしました。
ビデオも撮ったのですが、こちらについては編集して、近日中に丹後・宮津TVにアップしたいと思います。お楽しみに。
http://tango-tv.net/



投稿者 : Kobayashi (1232 ヒット) 公園全般 ]

今年最後のイベント「うみほしDEクリスマス」が行われました。
私は「パンDEリース」に挑戦しました。
みんなでワイワイ言いながら、パン生地をこねて、リースの形を作りました。
横では、公園で収穫した大豆を使っての「豆腐づくり」をしていました。
飲ませていただいた絞りたての豆乳は、生温かく、ちょっぴり甘くてとてもおいしかったです
お昼は豆乳なべ、出来立ての豆腐、ぜんざい、石窯で焼いたカマスと秋イカ、アカモクごはんなどなど食べきれないくらいのごちそうでした。
午後からはお正月飾り用に「こけ玉」に挑戦しました。
初めての挑戦で、少々不恰好ですが、まずまずの出来に満足しています。
早速に我が家の玄関に飾りました。
本当に心地よいひとときを過ごしました。
今日は「冬至」・・・ゆず風呂に入ります。
参加されたみなさん、お疲れ様でした。


« 1 ... 31 32 33 (34)

   
京都府立 丹後 海と星の見える丘公園
TEL:0772-28-9111 / FAX:0772-28-9025
〒626-0211 京都府宮津市里波見 
●開園時間:9:00〜17:00 ※7月〜9月は 20:00まで
●休園日:木曜日(祝日除く)及び年末〜2月末 ※7月〜9月は無休
●駐車場:200台(無料)  ●入場料:無料
Copyright © 京都府立 丹後 海と星の見える丘公園.All Rights Reserved.    ▲このページのトップへ