施設紹介

facility

施設のご案内

豊かな自然と美しい眺望に恵まれた園内に、研修室や、宿泊施設、カフェなどの様々な施設を備えています。 目的に合わせてご活用ください。

公園マップ

地球デザインスクールゾーン

地球デザインスクールゾーン

学ぶ

森に囲まれた空間での学習は、学習効果の向上やリフレッシュ、レクリエーションに最適です。 研修室・うみほし食堂がある「セミナーハウス」を中心に、日帰りの研修だけでなく、宿泊型での研修や体験もできます。

研修室

previous arrow
next arrow
Slider

セミナーハウス2階には、壁も柱も、机も椅子も木をふんだんに使った研修室があります。 研修室では、会議やレクリエーション、音楽の演奏もできます。 企業の職員研修に、ゼミ合宿に、演奏の練習の場にいかがでしょうか ※プロジェクター、スクリーン、ホワイトボードなど無料でご利用いただけます。冷暖房完備。

ご利用料金
9:00~12:00 1,000円
13:00~17:00 1,500円
18:00~22:00 3,000円
全 日 4,500円

うみほし食堂

previous arrow
next arrow
Slider
新鮮な魚や野菜をつかった料理は格別です。 地元のお母さんたちが、ひとつひとつ心を込めてつくる手づくり料理をめしあがれ!

食事基本料金 ※1人前
夕食 2,000円
朝食 800円
昼食 800円

宿泊棟

previous arrow
next arrow
Slider

木造平屋建ての建物が2棟あります。 静かで自然豊かな環境の宿泊体験学習や子ども会行事、大学のフィールドワーク実習やゼミ合宿、企業の研修、など様々な目的でご利用いただくことができます。 その他にも、ご家族やお友だちなど、プライベートでのご利用も大歓迎です。

キャンプサイト

previous arrow
next arrow
Slider
テント、テントマットの貸出もあるため、手ぶらでキャンプができます。 キャンプファイヤーやドラム缶風呂もおすすめです。※料理の提供はありません。

定 員 40名 8区画(1区画:5名定員)
利用料金 1区画2,000円
チェックイン 14時~
チェックアウト 10時

うみほし風呂・森のエネルギー工房

previous arrow
next arrow
Slider

うみほし風呂では、日本海や栗田半島、黒崎灯台を見下ろすことが出来ます。 また風呂の熱源は、園内の森林整備のために伐採した木で作った薪と、太陽熱を利用しています。 ※うみほし風呂は、宿泊棟にお泊りいただいた方限定です。

石積み劇場

previous arrow
next arrow
Slider
手づくりでつくった石積みの円形劇場。 レクリエーションやイベント会場としてもご利用可能です。

大地の天文台ゾーン

大地の天文台ゾーン

憩う

海を眺め、風を感じ、鳥のさえずりを聴く… ぼんやりしながら、ピクニックしながら…ほっとする瞬間を味わいませんか? 海を見下ろせる景色は、フォトスポットとしても人気です。

風の谷

previous arrow
next arrow
Slider
風の通り道。芝生の上で寝転がって、宮津湾からの風を感じてください。 遊び場や、フォトスポットとしてもご利用いただけます。

icon-picnicピクニックにおすすめ
icon-viewpointビューポイント
天橋立
宮津湾

潮騒のテラス

previous arrow
next arrow
Slider
日本三景「天橋立」を縦に望むことができる見晴らしの良いスポット。 広々とした景色をのんびり眺めながらテラスでお弁当を広げてみませんか? 背面の森は、「宮津ふるさとの森を育てる協議会」によって植樹された「コバノミツバツツジ」も見所です。

icon-picnicピクニックにおすすめ
icon-viewpointビューポイント
天橋立
宮津湾

大地の天文台

previous arrow
next arrow
Slider
天橋立が望めるスポット。高台から見た景色は格別です。

icon-viewpointビューポイント
天橋立
宮津湾

木らきらハウス

Slider
昼の間は野鳥や遠くの山々を…暗くなったら星や月を…眺めの良い小高い場所に建てられた八角形の木製観察ハウス。

icon-viewpointビューポイント
天橋立
宮津湾

記憶の丘

previous arrow
next arrow
Slider
伊根が望めるスポット。運が良ければ、遠く北陸の山々まで見渡すことができます。

icon-viewpointビューポイント
伊根
宮津湾

風の砦

previous arrow
next arrow
Slider
海や園内が見渡せるパノラマスポット。風の谷からこどもの森へ抜ける道の休憩場所としてもご利用いただけます。

icon-viewpointビューポイント
宮津湾
園内

こどもの森ゾーン

こどもの森ゾーン

遊ぶ

森や広場をかけまわり、動植物とふれあいながら、楽しく遊ぶ… そんな風景がこどもの森ではよく見受けられます。 大人も気が付けば童心に帰り、時間が経つのも忘れて過ごせる空間です。 自然の中で、おもいっきり遊びませんか。

こどもの森センター

previous arrow
next arrow
Slider
森に囲まれ、こどもも大人もゆっくり過ごせる空間。芝生広場のまわりにはハッチョウトンボの棲む湿地があり、さまざまな体験プログラムの拠点です。また「森のカフェ」は、このセンターの中にあります。

icon-picnicピクニックにおすすめ

森のカフェ

previous arrow
next arrow
Slider

地元の野菜や魚をはさんだうみほしオリジナルの「里波見バーガー」、地元素材を使った「そんとき定食」や飲み物を提供します。あたたかい雰囲気につつまれて、時間がたつのも忘れるかも?

営業時間 10:30~16:00(土日のみ営業)

ことこと

おくどさん
外観
previous arrow
next arrow
Slider
ことことには日干しレンガを積みあげた防火壁の前に構えるおくどさんがあります。焚きつけのための小枝集めや薪割り、火おこしなども行います。また、食器や調理道具も備え付けのため、調理実習なども実施可能です。

石窯

石窯パンづくり
できたてのパン
previous arrow
next arrow
Slider
日干しレンガで手づくりで作成した石窯。パンやピザ焼き体験におすすめです。

京都自然塾コース

森の教室
previous arrow
next arrow
Slider
脚本家の倉本聰氏監修の「C・C・C富良野自然塾」をモデルとした環境問題の本質を考えるプログラムです。 その舞台となる場所がこどもの森につくられています。「森の教室」「石の地球」「地球の道」の4つの内容で構成されるプログラム『京都自然塾』。その京都自然塾の舞台となる場所がこどもの森につくられています。

海の回廊

previous arrow
next arrow
Slider
森を抜け、海を眺めながら1周できるコース。 森づくりワークショップでつくった散策道や、京都府立海洋高等学校が製作したデッキもおすすめです。 ※平成30年度7月豪雨の影響で、現在通行止めとなっています。

icon-viewpointビューポイント
天橋立
宮津湾

公園の生態系

公園には、貴重な動植物が数多くあり、散策をしながら観察することができます。 ここでは、宿泊棟の部屋名の動植物をご紹介します。 ※動植物の採取は禁止です。 ※見頃や場所は年によって変動する場合があります。

ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ

1円玉サイズの日本一小さく、京都府登録天然記念物及び準絶滅危惧種の希少なトンボ。 公園では生息環境の整備を行うことで、年々発生数が増えています。 赤色がオス。黄色と黒の縞模様がメスです。見つけることができるかな?

見頃 5月末~8月中旬
場所 こどもの森ゾーン
モリアオガエル

モリアオガエル

普段は森林内に生息しており、樹上での生活に特化したカエルです。 産卵期になると、池や湿地に出現し、外敵から卵を守るため、白い泡の卵塊を樹上に産み付けます。

見頃 5月末~7月
場所 こどもの森ゾーン
アカハライモリ

アカハライモリ

別名は「日本井守」。池や井戸など水のある場所を守護しているようだからと言われています。 アカハライモリは、赤いお腹が特徴です。冬になると落ち葉の下や石の下などで冬眠します。 尻尾などの身体の一部がなくなっても再生し、寿命は20年近くと、とても生命力がある生き物です。 ※アカハライモリのお腹にはテトロドトキシンという毒があります。触れただけでは何も害はありませんが、毒が目に入ると痛みや炎症といった症状が現れるため、必ず手を洗ってください。

見頃 3月~10月上旬
場所 こどもの森ゾーン
コバノミツバツツジ

コバノミツツジ

名前の由来は、3枚の小葉(こば)のツツジであるためです。春になるとピンク色の花を咲かせます。 宮津ふるさとの森を育てる会と共同で、コバノミツバツツジの植樹・育樹を行っています。

見頃 (花)4月中旬
場所 潮騒のテラス、風の谷、こどもの森ゾーン
ヤマボウシ

ヤマボウシ

名前の由来は、中央の丸い花の部分を僧侶(山法師)の頭に見立て、4枚の白い総苞片を頭巾に見立ててつけられたそうです。小ぶりで清楚な花は、庭のシンボルツリーとしても人気です。秋には赤い果実がなります。

見頃 (花)5~7月 /(実)8月下旬~9月中旬
場所 こどもの森ゾーン、風の谷
ヤマモモ

ヤマモモ

名前の由来は「山のモモ」の意味で、山に自生していて食べられる果実がなるということから名づけられました。初夏には暗紅紫色の果実がなり、ジャムや砂糖漬けなどさまざまに利用されます。

見頃 (花)4月 /(実)6月下旬~7月中旬
場所 こどもの森ゾーン
クロモジ

クロモジ

古来から日本の山地に生息し、茶道の楊枝として利用されるなど、日本人に大変馴染み深い樹木であるクロモジ(黒文字)。柑橘系の良い香りが特徴的で、最近ではアロマオイルの原料としても注目を浴びています。

見頃 (花)3~4月 /(実)9~10月
場所 こどもの森ゾーン
タムシバ

タムシバ

別名「カムシバ」。葉を噛むとキシリトールのような甘味がするため「噛む柴」から転じて「タムシバ」となったと言われています。蕾は漢方薬としてもに利用され、春先の新芽が食用とされていました。

見頃 (花)3月末~4月上旬 /(実)10月
場所 こどもの森ゾーン

公園概要

公園全景
「丹後海と星の見える丘公園」がある里波見は、環境省・重要里地里山500に選定された自然豊かな地域です。「自然と共生」、「手づくり」、「環境育成の体験フィールド」等をテーマに、大地の天文台、風の砦、こども自然の森、地球デザインスクール等の拠点施設の整備を行い、平成18年度に開園しました。
previous arrow
next arrow
Slider

自然との共生

ハッチョウトンボをはじめとした、多様な動植物がいます。 その動植物を保護・保全する活動を市民参加型で行っています。

魚魚デッ木
previous arrow
next arrow
Slider

手づくり

公園のフィールドにある施設には、ワークショップを通して手づくりで作成した施設が数多くあります。

previous arrow
next arrow
Slider

環境学習

環境問題に目を向け、行動できる人材の育成を行うため、環境学習プログラムを提供しています。

指定管理者

地球デザインスクール